white printer paper

みなさん、こんにちは!

石田です。

2学期も折り返しに入り、受験生は佳境に入ってくる時期ですね。

この時期は偏差値が非常に上がりにくい。その理由についてお話していこうと思います。

そもそも偏差値とは?

偏差値とは、ある集団の中での位置を示す数値のこと。
平均点をとった人の偏差値を50として平均点より得点が上なら偏差値は51、52…となり、得点が平均点以下ならば49、48…となります。
成績を見るときは、得点、順位などを確認するが、例えば国語が60点、英語が50点だった場合、国語の方がよい成績とはいえない。なぜなら得点は国語と英語の問題の難易度も影響するから。

しかし、偏差値では受験した集団の中での自分の客観的な学力位置がわかる。例えば、国語の偏差値が55、英語が50だったら国語の方がよい成績だと言えます。

具体的に解説しよう。
【例】Aさんの偏差値(得点60点 平均点50点の時)
(1) 標準偏差20
(2) 標準偏差10 の場合

(1) (60-50)÷20×10+50=55  ←Aさんの偏差値は55になります
(2) (60-50)÷10×10+50=60  ←Aさんの偏差値は60になります

偏差値が50より大きい場合には、同じ得点・平均点であっても、標準偏差(得点の散らばり)が大きいほど偏差値は低くなる。また、平均点ならば標準偏差(得点の散らばり)に関わらず偏差値は50となる。

偏差値を正しく使って「学力」の伸びを確認していこう!

偏差値を見る際に注意したいのは、偏差値は母集団が異なれば比較できないということ。
例えば、同じ学校内や、受験する層や人数がある程度一定の模試であれば、偏差値を指標に各回の模試で学力を比較することができるが、中学校の偏差値と高校の偏差値や、模試受験者の人数やレベルが異なる模試同士の比較は意味がない。

教室や進路室に高校の難易度一覧のポスターが貼ってある場合も、そのポスターに掲載されている偏差値はあくまでその模試会社が実施した模試の偏差値。違う模試の偏差値で難易度を比較することはできない。
それらの前提を押さえたうえで、偏差値を今後の学力の伸びの指標として有効に使いましょう。

偏差値を10上げることの難しさ

前述のように、平均点を取った場合は偏差値50となるがこれを10上げるにはどれくらい頑張らないといけないのかを解説します。

偏差値60は上位16%のことを言う

偏差値が50ある生徒が60まで上げたいと思った時、どれくらいの人数を抜かなければいけないのか。

全生徒をわかりやすく100人と仮定すると、偏差値50は平均なので順位でいうとちょうど真ん中の50位。

偏差値60は上位16%のことを指します。つまり、全生徒100人であれば偏差値50から60へ上げるには34人を抜かないといけない計算になる。

これは勉強ではイメージがしにくいかもしれないので、マラソンに置き換えて考えるとわかりやすいでしょう。

どれだけ大変なことか。

しかも中3のこの時期は周りも勉強を本格的に始めている。だから自分ができるようになっても中々成績が伸びにくい。ここで気持ちが折れてしまって勉強を疎かにしてしまうと取り返しがつかなくなります。

偏差値10上げるためにできること

では、偏差値を10上げるため今できることは何なのかを整理してみましょう。

  • 残された時間を認識する
  • 現在の自分の偏差値がどれくらいかを把握する
  • これまでどれくらい勉強をしてきたかを振り返る
  • 何の偏差値を上げたいのかを考える

残された時間を認識する

では1つずつ考えていきましょう。

まず、残された時間を知ることですが今この記事を読んでいる方が中3生、もしくはそのご家庭の方であれば、相当勉強する覚悟が必要です。

1日にどれくらい勉強ができるのかを考えてしっかりとバランスよく計画を立てましょう。

私立高校の入試が1月末から始まると考えると残り3ヵ月を切っています。

中学校の範囲を12月の頭までに終わらせるのと並行で復習をとにかく繰り返してください。

ちなみに、理科や日本史は時間のある土日に単元をまとめて一気に覚えてしまうと時間を効率よく使うことができますよ。僕は中学生のころ理社は土日にまとめて覚えていました。年表なんかは1日で先に覚えてしまった方があとから中身を覚えるだけなので楽ですよ!

12月に入ると過去問を解く時期に入りますので復習をする時間がありません。教科書でも、ワークでもとにかく解きなおしすることをオススメします。

現在の自分の偏差値がどれくらいかを把握する

これは自分の現在地を知るという非常に重要なことです。

目的地へ行こうと思ったらマップを開いて自分の現在地を知らないとどこへも行けないですもんね。

埼玉では北辰テストを毎月受けていると思うので、それで判断をするのが1番性格だと思います。

今の自分の状態が分かっていなければどれくらい勉強をしないといけないかも把握できないのでしっかり押さえてください。

これまでどれくらい勉強をしてきたかを振り返る

中1からしっかりと勉強をしてきた人や、今年の7月まで部活に全力で打ち込んできた人もいるはずです。

どちらが良い、悪いということではなく、これまで自分がどれだけ勉強をしてきたかを確認すると良いと思います。

一生懸命勉強をやってきて伸び悩んでいる人は、周りが勉強を始めただけなので今は一喜一憂せずに、今までやってきたことにしっかりと積み上げをしていきましょう。勉強方法で悩んでいるのであれば、学校や塾の先生に聞いてみましょう。

もちろん、コメントを頂ければいつでも相談に乗りますよ!

今まで部活や習い事で勉強をする時間を取れなかった人は、ここから一気に追い上げのチャンスです。

最後まで諦めないことはスポーツ同様に勉強でも非常に大切なります。最後の最後まで伸びるので今は偏差値を気にせず思いっ切り勉強をしましょう!

何の偏差値を上げたいのかを考える

これも常々生徒に話しているのですが、偏差値を上げたいと言っても「どの偏差値」を上げるかで戦略が変わります。

苦手科目1教科なのか、得意科目なのか、それとも国数英の3教科?もしかして全教科?

5科目すべてだとしても、ある程度優先順位をつける必要があります。

1教科だけであれば3ヵ月で間に合います。これは断言できます。ですが、複数の科目になると中々難しいのでここもしっかりどの科目から上げていくべきか考えましょう。

まとめ

いかがでしょうか?

偏差値について漠然としていた人はこれを機に自分の偏差値を知るいいきっかけになれば幸いです。

中1、中2では模試を受ける母体がそもそも違うので中々偏差値が正しく分かりにくいですが、自分の現在位置を知っておくことは有利になるはずです。

11月に入り、一気に成績を伸ばせるように勉強の計画を立てましょう!

それでは!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP