basketball team stacking hands together

みなさん、こんにちは!

スパイアの石田です。

今日は、モチベーションについての話をします。

単語を毎日やろうと思っても、日記をつけようと思っても、ランニングしようと思っても、

ほとんどの人は、1週間以内に挫折してしまうのではないでしょうか?

もちろん、私も例外ではなく中々モチベーションが出ないことが多々あります。

しかし!皆さんに朗報です。やる気が出ない、長続きしない原因を突き止めました。

そんなやる気とうまく付き合っていく方法をご紹介します。

人間は安心する環境にいようとする心理が働く

皆さんはコンフォートゾーン、ホメオスタシスという2つの言葉を聞いたことがあるでしょうか?

コンフォートゾーンとは、無意識的に自分が居心地の良い空間を指します。

人はコンフォートゾーンにいることで安心感や幸福感を得られると言われています。

ホメオスタシスとは、日本語で恒常性維持機能と言い、人間が命に係わる危険なことをしないように脳にプログラムされている機能のことで、寒いところへ行けば体温を維持するために体が震えたり、暑い所へ行けば体内の熱を放出するために汗をかくなどの機能を指します。

これが体だけでなく、心理的にも作用することが研究結果で出されています。

勉強やダイエットなど、普段していないことをしようとすると脳がいつも通りの生活に戻るように信号を出します。その結果、楽な方へ流されてしまうとのことです。

つまり、自分のコンフォートゾーンへ戻ろうと無意識的にホメオスタシスが働くのです。

こんなことを言われたら誰でも何かを習慣にすることは難しいのは納得ですよね。

コンフォートゾーンは自分の記憶から構成されている

コンフォートゾーンとは、自分の記憶から構成されています。

見たり、聞いたりすることでコンフォートゾーンが形成されたり、親や友達、周りの環境からも影響を受けて変化したりすることもあります。

コンフォートゾーンのメリット・デメリット

次は、コンフォートゾーンのメリットとデメリットについてです。

  • メリット

コンフォートゾーンにいると、IQが上がったり生産性が高くなります。

これは自分の慣れた環境なので、脳がリラックスした状態で物事を判断できるからです。

  • デメリット

一方で、コンフォートゾーンの外に出るとデメリットが生じることもあります。

IQが落ちたり、生産性が下がることが挙げられます。これは無意識のうちに自分が死なないために脳が考えることを遮断し、本能で止めようとする力が働く影響です。

つまり、ホメオスタシスが心理的に働く状態を指します。

この2つの機能が、人の目標達成を妨げて3日坊主にさせる正体でした。

理想の自分をはっきりと想像して、明確な目標にする

では、次にこの2つをどうしたらプラスの力に変えられるのかをお話します。

もちろん、この機能は誰にでも備わっていますがそれでも周りには自分が立てた目標を達成している人がいます。

この違いは何なのでしょうか?

これにはアファメーションという働きが必要になります。

アファメーションとは、自己暗示のこと。つまり理想の自分になった状態をはっきりと思い描き脳に目標が達成されたと思い込ませよう。というものです。

これにより、上の図の理想の結果にたどり着いた自分がコンフォートゾーンとなり、そこへ戻ろうとする力(ホメオスタシス)が作用することでモチベーションが上がる仕組みになっています。

例えば、OO高校に合格したいと思ったら合格した後に何がしたいかを想像してみてください。

部活に入って活躍している姿や、友達と放課後遊んでいたりアルバイトをしているところ、文化祭を楽しんでいる場面を想像するのも良いですね。どんな出し物をするかまで考えるとよりはっきりと脳が記憶を書き換えてくれます。

そうすると、勉強していない自分自身に違和感を感じたり、勉強をしようという気持ちが生まれてきます。

もちろん、これは少し想像したくらいでは簡単に変化するわけではありません。

毎朝、毎晩、理想の自分を想像する

理想の自分に脳内を変化されるためには継続してイメージすることが大切です。

私が毎日しているのは、朝と夜の2回。歯磨きをしている時についでにやっています。これなら習慣にしやすいですよ!

最初は楽しくなる妄想をしたり、写真を見たりして気持ちを上げていました。

あとは、勉強の合間にランニングをしていたのですが、志望校が家から近いということもあり、その学校の周りを走っていました。体育ではあのグラウンドで走るんだろうな。あの校舎で勉強するのか?ここは学食だな、美味しいごはんあるのかな?などで考えを埋め尽くしていました。すると、勉強が徐々に抵抗が少なくなってきました。

まとめ

いかがでしょうか?

今回のポイントはホメオスタシス、コンフォートゾーン、アファメーションの3つのお話をしました。

何かをしようとして長続きしないことは当たり前です。意志が弱いなんて思わないでください。

ちゃんと生きるための機能が作用していると思ってください。

そのうえで、まずは行動からではなくて考え方から変えていきましょう。

当校では学習指導はもちろん、コーチングの資格を持った講師がモチベーションが上がるような気持ちのケアも行います。

皆さんと一緒に目標に向かって勉強できることを楽しみにお待ちしております。

それでは!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP